googleanlytics開設方法

[2019年版]Googleアナリティクス登録・設定方法解説

アクセス解析と言えばGoogleアナリティクスというほどに、Googleアナリティクスは日本の大多数のWebサイトに導入されているアクセス解析ツールです。

今では単なるアクセス解析ツールとしてでなく「会員情報」や「販売データ」など、様々な角度からユーザー行動を分析出来るため、デジタルマーケティングに欠かせないツールとなっています。

当記事では、Googleアナリティクス導入をご紹介するとともに、アカウント開設時に設定をしておきたい基本設定をGAIQ(GoogleAnalytics個人認定資格)ホルダーが解説していきます。

Googleアナリティクスの登録・アカウント開設方法

アカウント登録

Googleアナリティクスの利用を開始するためには、まずアカウント登録する必要があります。下のリンクから早速アカウント登録を行いましょう。

Googleアナリティクスへアクセスをしたら「登録」を選択します。

Googleアナリティクス登録画面
Googleアナリティクス登録画面

Googleアカウントをお持ちでない方もいらっしゃると思います。その場合Googleアカウントを作成する必要がありますので、Googleアカウント作成したのちに作業を再開しましょう。

「登録」を選択すると以下のような画面が表示されます。アカウント情報の入力して次に進みます。

Googleアカウント情報入力
Googleアナリティクス アカウント登録画面

入力項目の解説

トラッキングの対象 ウェブサイトであればウェブサイトのまま設定を続けます。
アカウント名 アカウント名を入力します。おすすめは会社名や屋号など識別しやすい名前が良いでしょう。後から変更も可能です。
ウェブサイトの名前 アカウント名を入力します。おすすめは会社名や屋号など識別しやすい名前が良いでしょう。後から変更も可能です。
アカウント名 ウェブサイトの名前を入力します。おすすめはサイト名をそのまま入力すると良いでしょう。
ウェブサイトのURL サイトURLを入力します。「http://」部分は自社サイトに合わせて「https://」に変更しましょう。
業種 ウェブサイトの内容に近い業種を入力しましょう。選択する業種によって大きな影響はありません。選択するとのちに設定する目標設定の雛形が変わります。
レポートゾーン 日本を設定し(GMT+09:00)日本時間に合わせます。
データ共有設定 GoogleにGoogleアナリティクスの情報連携するための設定を行います。基本的に全てチェックを入れたままをおすすめします。

最後に「トラッキングIDを取得」を選択し次に進みます。

Googleアナリティクス利用規約
Googleアナリティクス 利用規約

次に利用規約に同意する画面が表示されますので、規約に問題がなければ、チェックボタンをチェックし「同意する」を選択します。

トラッキングコード設置

利用規約に同意するとトラッキングコードが表示されます。Googleアナリティクスは、トラッキングコードをそのままサイトに貼り付ける方法とGoogleタグマネージャーを導入する方法の2つがあります。

Googleアナリティクストラッキングコード
Googleアナリティクス トラッキングコード

環境にもよりますが、新規にアナリティクスを導入するのであれば、この機会にGoogleタグマネージャーも合わせて導入することをおすすめ致します。

Googleタグマネージャーは、Googleが提供するタグ管理サービスであり、GoogleアナリティクスやGoogle広告のCVタグを容易に管理することが可能となります。

またHTMLやJavascriptといったソースコードを直接編集することなく、タグ編集できるなど、非エンジニアもアクセス解析環境を整えることが可能です。

Googleタグマネージャーを利用する

Googleタグマネージャーの導入については次の記事で解説したいと思います。

トラッキングコードをそのまま利用する(Gtag.js)

Googleタグマネージャーが必要ない場合は、トラッキングコードをそのままHTMLに貼り付けるなどして動作させます。

ユーザーがページへ訪問した際に、トラッキングコードをWebサイトで読み込むことでユーザー行動を収集しているためです。

設置場所は、各ページの<head>内のなるべく上の方にトラッキングコードを貼り付けることが推奨されています。(GoogleタグマネージャーやGtag.jsは非同期で読み込まれます)

ページ読み込み開始と同時にトラッキングコードを読み込むことで、ユーザーがページ上で行動を起こす前にトラッキングコードが発火するため、より正確な情報をGoogleアナリティクスに送信することが出来るようになります。

WordPressへのトラッキングコード設置方法

この記事をご覧になっている方の多くは、Wordpressをご利用だと思いますので、トラッキングコード設置例をご紹介します。

まずはじめにトラッキングコードをコピーします。

Googleアナリティクストラッキングコード
Googleアナリティクス トラッキングコード

※トラブルを防ぐために、編集前にバックアップを取るなど対策してください。

Wordpressテーマの編集
WordPress テーマの編集画面

WordPressの管理画面に移動して、[ダッシュボード]→[外観]→[テーマエディター]を選択します。

テーマエディターへ移動をしたら、「編集するテーマを選択」から現在使用しているテーマを選択しましょう。

編集するテーマによっては、「child」と記載されたテーマが存在する場合があります。childテーマが存在する場合はchildテーマに「heder.php」というファイルがないか確認を行います。存在しない場合は、そのままheder.phpを探しましょう。

header.phpを選択すると、エディターに表示されるソースコードが変更されます。

表示されたソースコードの<head>なるべく上の方にトラッキングコードを貼り付けます。

Wordprees header.phpの編集画面

貼り付け終わったら、最後に「保存」を選択して作業は完了です。

ソースコードの編集を保存する

動作の確認・テスト

動作確認を行うには、Googleアナリティクスの[リアルタイム]→[概要]を選択します。

通常のレポートにデータが反映されるのは数時間程度のタイムラグがありますが、リアルタイムレポートでは即座にデータの受信を確認することができます。

自社のWebサイトを開いて、サマリーにデータがカウントされていれば、問題なく動作していることが分かります。

Googleアナリティクス [リアルタイム]→[概要]

もし動作の確認が出来ない場合は、

  1. Googleアナリティクスの設置場所が間違っている
  2. アドブロッカーなどサイトタグをブラウザが読み込んでいない
  3. フィルタ機能によって自社からのアクセスを除外している

などが考えられるため、再度設定項目を見直して見ましょう。

Google Anlytidcsで設定しておきたい必須項目

こちらは別の記事にてご紹介していきたいと思います。

ご自身での解決が難しい場合

弊社のエキスパートが作業をご対応させて頂くことも可能です。サイト規模やサイト構造によって異なりますが、GoogleAnlyticsの設置は30,000円〜からお承りしております。

また弊社ではGooglAnalyticsの設定のみならず、高度なアクセス解析環境を整えるためのアドバイスや、サイト改善のコンサルティング、月次レポート作成など総合的なWebコンサルティングに対応しております。この機会に是非ご検討ください。

お問い合わせフォーム
マーケティングチーム
Palcoolのマーケティングチームです。日々の業務で得た知見をベースにお客様向けの実務ナレッジをご紹介していきます。